トップ / 手形割引の仕組みについて

手形割引の仕組みについて

手形割引の取引とは

商品

銀行での手形割引の方法

手形割引とは取引企業などから受け取った約束手形を、手形約束日前に割り引き、額面から手数料や日歩などを差し引いて受け取ることを言います。銀行で手形割引を行う場合、割引手形が不渡りとなった場合、支払いをした企業に買戻しが出来るか審査があります。審査は業績や資産状況となります。当然、約束手形を振り出した企業に信用力がなければ割り引いて額面を支払うことはありません。銀行は、割り引いた手形の額面を受け取るまでは、融資同様の概念として考えますので、割り引く側も同様の考え方で申し込んだ方が良いでしょう。

↑PAGE TOP