トップ / 投資の外国債券を考える

投資の外国債券を考える

投資として利回り確保

商品

投資としての外国債券

投資を考える時、一部を外国債券にするのも一案です。特に、発展途上国などでは、高度経済成長期の日本でそうであったように、金利が高いことが多く、高い利回りを得られるというメリットがあります。外国債券の種類にも社債と国債があり、格付けなどを参考に選ぶと良いでしょう。投資として利回りをしっかり確保したい場合には、円高の時に購入して円安の時に売却するか償還を迎えるかが理想ですが、為替レートを完全に予測することは簡単ではありません。そこで、満期にすぐに円に替えずに外貨のまま保有して有利なレートになることを待つことが出来る金融機関で口座を開設する事も検討したいものです。

商品の種類の外国債券

ここ二十年くらい国内の金利はゼロに近い水準で推移しており、それ以前のように銀行預金で利息を稼ぐことはできなくなってきております。そうした中で、預金以外の様々な投資商品への興味が高まっており、様々な種類がありますが、そのうちの選択肢の一つとして外国債券を購入する人も増えてきております。外国債券は、購入すれば日本国内の金利よりも高い利回りを稼げること、円高の時に購入してその後円安になれば為替差益が稼げるというメリットがあります。購入した時よりも円高になった場合は逆に為替差損を被る危険性もありますが、為替水準をよく見極めて購入したり、為替予約を併用する等の方策を採れば、高い収益が稼げますので有効な投資方法であると考えます。

↑PAGE TOP